服地パイセン

生地にうるさい服屋で学んだことを活かし、洋服のわかりづらいことをわかりやすく解説します。

ゴアテックスは一周回って撥水しなくなった!?

そのゴアテックス撥水しますか

 

こんにちは。
服の生地についてのブログを書いています、服地パイセンです。

 

GORETEXってどのような生地か?

と聞かれたら、『防水性のあるアウトドアの生地』という認識の人が多いと思います。

 

『防水性透湿性のある生地』と答えたら、服の生地に詳しいんだろうなと思います。

 

 

…なんですけれども、
水を弾かないゴアテックスがあるって知ってました?

 

 

 

 

 

 

 

「撥水しないGORETEXがある」ということをほとんどの人は知らない

 

キャンプブームやリラックスムードもあって、アウトドアテイストや機能的な服が人気です。

 

例えば上着を探していて、『GORETEX』って書いてる服もよく見かけます。

 

なんとなく無条件に撥水性がある服だ!と思ってしまいますが、実は必ずしもそうではないんです。

 

たしかにゴアテックス =撥水するもの』でした。ところがこの数年で撥水しないゴアテックスが出てきたんです。

 

 

そもそもゴアテックスとは、「ゴアテックスメンブレン」と言われるフィルム素材のことを指します。


生地の膜に目に見えない無数の気孔が空いていて、外からの水分の侵入は防ぎつつ、内側からの水蒸気を逃がすという特徴を持っています。

 

詳しくはゴアテックスメンブレンについて書いた記事があるのでよかったら読んでみてください。

 

www.fukujipaisen.com

 

 

ゴアテックスは2種類ある

 

GORETEXには大きく分けて2種類あります。

というよりもここ数年で見直されて2種類に分類することになりました。

 

ひとつは通常のゴアテックス

 

そしてもうひとつは、この数年目にするようになった

ゴアテックスインフィニアム』

と呼ばれる生地。

 

もうおわかりだと思いますが、ゴアテックスインフィニアムは撥水しません。

(…正確にいうと多少は撥水するんですけど、撥水性能を重視して作られていません)

 

 

この2種類のゴアテックス、いったい何が違うのでしょうか。

 

従来のゴアテックスを簡単にいうと

従来のゴアテックスプロダクトを簡単に言うと、撥水性と透湿性があり、水をはじくけど汗の水蒸気を排出してくれる蒸れにくい生地です。

 

すべてのプロダクトは内側も外側も厳しいラボテストに裏付けされた防水性を保証しています。

 

従来のゴアテックス(防水性)の見分け方

では、どのように見分けるのか。
すごく簡単です。

 

ゴアテックス製品にはこのような黒い下げ札がついてます。

 

ゴアテックの下げ札タグ

この黒いタグが従来のゴアテックスを使用している証です。

 

ゴアテックスインフィニアムを簡単にいうと

対して、ゴアテックスインフィニアムは防水性よりも快適性に重きを置いた、ドライなシーンに適したプロダクトシリーズです。


従来のゴアテックスと異なる最大の特長は、防水にしばられない生地であるということです。

 

晴れた空の山登りや風の中のサイクリングなど、さまざまなアクティビティで活躍します。

 

インフィニアムの見分け方

従来のゴアテックスが黒い菱形のタグでしたが、インフィニアムの方は白い下げ札が付いてきます。

 

ゴアテックスインフィニアムの下げ札タグ

都会で着るようなカジュアルアウターでも、最近この白いタグが目立つようになってきました。

 

 

なぜ 2 つのシリーズ?

ゴアテックスの下げ札タグの説明


ゴアテックスは登場してからこれまで40年以上もの間アウトドア生地の代表格として親しまれてきました。

 

近年は登山やスキーなどのハードなアウトドアだけでなく、日常的に野外で過ごす時間を楽しみたいという人が増えています。

 

どちらのプロダクトシリーズにも、ゴアの科学的知識に基づいた技術で高いパフォーマンスを提供します。


従来の GORE-TEX プロダクトシリーズは防水性と透湿性で知られています。

アウトドアの大敵でもある雨や雪に対するパフォーマンスは最高です。

 

しかしドライな環境ではもっと最適な生地がある。ということで、インフィニアムシリーズとして、必ずしも防水性を必要としないシーンとの差別化を図りました。

 

このことを正しく理解していれば、目的に合った最適なギアを見つけるのにとても役立つんです。

 

次の項でどんなものがあるのか、いくつか挙げてみます。

 

ゴアテックスの種類について、これくらい知ってたら十分ツウです

 

とりあえず、違いについてこれくらいわかっていたら
『この人ゴアテックスのこと詳しいなー』
と思われるんじゃないでしょうか。

 

ゴアテックスシリーズ

ゴアテックスに分類されるものをいくつか挙げてみます。

本当はもっと種類があるんですが、とりあえずこの3つくらい知ってたら十分だと思います。

 

 

ゴアテックスガーメント

 

従来のゴアテックスとは

引用:GORE-TEX プロダクト | GORE-TEX ブランド



一般的なゴアテックスと呼ばれるものです。

特徴はオールラウンドに使えること。

 

防風や防水、透湿などの基本性能を十分に兼ね備えているので、一般的なアウトドアでの利用ならゴアテックスがおすすめです

 

 

ゴアテックスプロ

 

ゴアテックスPROとは

引用:GORE-TEX プロダクト | GORE-TEX ブランド


ゴアテックスプロは、一般的なものよりも防水性と透湿性がよりハイスペックになっています。

そして一番の違いはその耐久性。

猛吹雪などの極限状態にも対応できるため、登山家からも高い評価を受けています。

ライミング・冬季登山でも使えます。

 

さすがプロです。

 

ゴアテックスアクティブ

 

ゴアテックスアクティブとは

引用:GORE-TEX プロダクト | GORE-TEX ブランド


透湿重視。そして軽いです。


汗が早く抜けることに特化しているため、ジョギングやサイクリングなどアクティブな有酸素運動をするのに向いています。

3層構造ですが層がかなり薄く作られているので、他と比べると耐久性が低いようです。

 

 

ゴアテックスインフィニアム

 

防水性よりも快適性とパフォーマンスを優先するときに最適なシリーズです。

特徴は防水せずに、透湿に特化しているということ。

 

なぜこれまでとガラリと変えたのか、理由は市場の動向です

トレイルランやランニングなどの人気もあって、薄いナイロンジャケットのような、いわゆるソフトシェルが人気なようです。

 

インフィニアムの特徴として、軽量であることが挙げられます。

これは通常のゴアテックスと違って、防水素材に必須のシームテープを必要としないことで得られるアドバンテージです。

 

タイムを競うようなスポーツにおいて、軽量であることは必須条件だということを考えたら、インフィニアムが誕生したのは必然といえるような気もしてきます。

 

ゴアテックスインフィニアム ウインドストッパー

 

ゴアテックスインフィニアムウインドストッパーとは

引用:GORE-TEX INFINIUM™ プロダクトシリーズ | GORE-TEX Brand


防風技術の代表として知られていたウインドストッパーも、現在はインフィニアムシリーズのひとつとしてラインナップしています。

 

ゴアテックス インフィニアムは防風性が高く、走行中の疲労を軽減する安心感は、従来のゴアテックス製品と変わらない。

 

 

ゴアテックスインフィニアム ストレッチ・グローブ

 

ゴアテックスインフィニアムストレッチグローブとは

引用:GORE-TEX INFINIUM™ プロダクトシリーズ | GORE-TEX Brand



アクティビティを楽しみながらも、常に手をドライで快適な状態にキープできるようなグローブになります。

 

ゴアテックスの防風•透湿性はそのままに、従来にはない柔軟性がインフィニアムにはあります。

それを活かした、フィットして高い暴風性と優れた透湿性、より良い操作性を実現します。

 

 

まとめ

ゴアテックスというと、「防水」と「透湿」を思い浮かべてしまいますが、そうではない素材もあるので、買うときは注意が必要ですね。

 

スポーツやライフスタイルも多様化していて、防水性能が必要じゃないシーンはたくさんあり、そういった現状に合わせてゴアテックスも進化しています。

 

ちなみに、ゴアテックスインフィにアム製品でも、撥水加工を施しているものがほとんどなので、一時的ではありますが撥水するものがほとんどです。

とてもややこしいですね。

 

 

生地も日々進化しているので、知識もアップデートしていかないといけないと思わされます。

 

 

 

 

いつもコメントやはてなブックマークいただきありがとうございます。

とてもありがたく、何よりとても励みになります。

はじめましての方も、思ったことはお気軽にコメントお願いします。

 

 

服の生地や環境についてブログを書いているので、よろしければ読者登録お願いします。

 

 ↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、そちらもチェックしていだけると励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村