服地パイセン

生地にうるさい服屋で学んだことを活かし、洋服のわかりづらいことをわかりやすく解説します。

【撚糸】糸の撚りの強さについて。強撚糸、無撚糸、甘撚りって何?

撚りの強さについて

こんにちは。
服の生地についてのブログを書いています、服地パイセンです。

 

最近生地を分類する方法について定期的に記事を書いています。

 

前回の糸の本数についての記事で、

生地の品質については、双糸であるということだけではなくて、糸の太さ(番手)や撚りの強さ(トルク)なんかも大きく関わってくる

ということを書きました。

 

引き続き『撚糸』について掘り下げて、
今回は撚りの強さについて書いてみます。

撚りが多いとどうなるのか?
ゆるく撚るとどうなるのか?

 

 

 

 

 

 

 

なぜ糸を撚るのか?

黒い糸と白い糸の撚糸

撚糸は強度の足りない一本の糸を、糸として使えるようにするため生まれました。

 

短い繊維を集めて引き伸ばしただけではそもそも糸になりません。

『ただねじっているだけ』と、撚りを甘くみてはいけません。撚れば撚るほど軸中心方向に巻きつく力、トルクが発生し短繊維同士の摩擦で抜けにくくなるんです。

 

主に
糸を撚ることで強度が増す、とか
撚ることでムラなく均一になる
といった効果があります。

 

撚糸については前の記事にある程度詳しく書いたので、よかったら読んでみてください。

 

www.fukujipaisen.com

 

 

撚り回数と強さの分類

ネットで商品をみていると、
 『ハイツイストコットン』や『無撚糸タオル』などの単語を目にします。

 

ハイツイスト=たくさんねじられた糸、強撚糸。

無撚糸=撚ってない糸。

というように、どんな糸をつかっているかを示していて、なんとなくどういうものか想像できると思います。

 

 

そしてこれらは、糸の撚り回数によって分類をしています。

 

撚り回数が少ないものを「甘撚(あまより)」
撚り回数が多いものを「強撚(きょうねん)」といいます。

 

撚りの回数が多いのか少ないのかは、
1メートル(もしくは1インチ)あたりに何回撚っているかで判断しています。

ただし、あくまでも目安程度だそうです。

 

 

そして、スパン糸は撚りの強さを変えることで、生地の特性や品質が変わってきます。

強さごとの特徴を簡単にまとめてみます。

 

スパン糸ついては、こちらの『糸の長さについて』の記事で解説してるので、よかったら読んでみてください。

www.fukujipaisen.com

 

 

無撚糸

撚糸は糸を撚ることで強度があがり丈夫になるのですが、肌触りが硬くなります。


無撚糸は糸の撚りをほぐしているため、綿糸そのままのような柔らかい肌触りと風合いの良さが特徴です。

 

繊維の間に隙間が多くできる分、吸水性も高いのも魅力です。

 

肌触りのいいタオルにつかわれます。

そのために無撚糸のタオルはほどけやすく、耐久性が低く毛羽落ちがしやすい、糸がほつれやすいのがデメリットともいえます。

 

タオル以外で使われることはないと思います(たぶん)。

 

無撚糸の特徴

•ふんわりとした肌触り
•繊維本来の柔らかい手触り
•ボリューム感が出る
•吸水性が高い

 

甘撚り

撚り回数が少ないものを「甘撚り」といいます。

柔らかい糸になります。

 

糸にまとまりを持たせるのが目的なので

1メートルあたり〜500回くらいです。

 

糸と糸の間に隙間があり、その隙間が空いているほどフワフワに感じられます。

 

甘撚りの糸は柔らかいので、編み物系の生地やタオルに使われることが多いです。

甘撚りの糸で作られた生地は柔らかく、たくさん空気を含めるので保温性が高く、秋冬物に使われます。

 

デメリットは強度がなく切れやすいことです。

着用の摩擦による毛羽立ち、毛玉もできやすい傾向にあります。

 

甘撚りの特徴

・風合いがやわらかくあたたかさを感じる
・手編みの糸として適している
・強撚糸と比べて強度が低い

 

普通撚糸、並撚糸

 

だいたい1メートルあたり500〜1000回くらい撚った糸です。

 

撚糸は糸を硬くし、生地に張りとコシを出す目的で行いますが、特徴は甘撚と強撚糸の中間の糸だという感じです。

 

比較すると特徴がないのですが、一般的によく使われる糸です。

 

 

強撚糸

撚り回数の多い糸は強撚(きょうねん)と言います。ハイツイストとも呼ばれます。

だいたい1メートルあたり1000回以上撚られたものが強撚糸になります。

 

撚り回数が多いとハリとコシが出て硬い糸になります。

強く撚ると細い糸を作ることができるので、薄手で通気性がよく、シャリッと清涼感が出るので、夏糸に使われることが多いです。

夏用のウールのスーツ素材なんかは、強く撚っているので薄手に仕上がっています。

 

基本的に織物に使われますが、ハリのあるTシャツなんかにもハイツイストコットンが使われたりします。

 

強撚の糸は甘撚りに比べて密度が高く、重くなるので下に落ちようとする力が働きます。なのでドレープ性にすぐれています。

 

デメリットは撚りが強いと斜行しやすいことです。

 

強撚糸の特徴

・手触りが固くなりシャリ感を感じる
・糸の強度が高い
・水気を吸収しやすく、早く乾きやすい
・撚りが強いほど、染色の発色が濃く見える

 

最後に

記事を織る撚糸

糸に撚りをかけることによって繊維間の摩擦が大きくなり、強度が高くなります。


ただ、撚りをかければかけるほど良いというわけでもなく、ある一定以上撚りをかけると、逆に強度が低くなるそう。


普段着ている洋服も、デザイナーが最適な生地をあてがっています。そしてその生地は、糸の撚りにまでこだわって作られているんですね。

 

 

 

その他、生地の分類についてこちらの記事でまとめています。

www.fukujipaisen.com

 

 

 

いつもコメントやはてなブックマークいただきありがとうございます。

とてもありがたく、何よりとても励みになります。

はじめましての方も、思ったことはお気軽にコメントお願いします。

 

 

服の生地や環境についてブログを書いているので、よろしければ読者登録お願いします。

 

 ↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、そちらもチェックしていだけると励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村