服地パイセン

服の生地について語ります

バックサテンってどんな生地?

こんにちは、服地パイセンです。

 

オリーブ色のアイテムを着てる人が増えてるように感じる今日この頃。
ミリタリーテイストが流行ってるようですね。

 

ミリタリーでオリーブ色といったら、
バックサテン

 

あんまりなにも考えずに着てましたが、まとめてみました。

 

 

 

バックサテンって簡単にいうとどんな生地?

 

バックサテンとは、
古着の軍パンなんかによく使われる生地。

米軍のベイカーパンツ、ファティーグトラウザーなんかに使われる生地です。

バックサテンの画像




なんとなくバックサテンについてざっくり知りたい
という方はここまでの理解で十分だと思います。


ここから先は、
歴史やウンチクの内容になるので、
ご興味があれば是非読んでみてください。

 

もうすこしくわしく


サテンってツルッとして光沢がある生地じゃなかったっけ?
でもバックサテンはゴツゴツして光沢はないよね?
と思う方は多いと思います。

 


ぼくもそうでした。

 

バックサテンとは
生地の裏側がサテンの織り方になっている生地のことなんです。

 

バック(裏側)がサテンなんです。

 

ちなみに
サテンの織り方は朱子(しゅすおり)といいます。なので、
バックサテンは裏朱子(うらしゅすおり)といわれます。

 

 

バックサテンは、
サテン特有の光沢が抑えられ、
独特な風合いが味わえます。

ミリタリーウェアに使用されるような丈夫な生地も多く、ムラ感があり、穿きこんだ際のアタリの出方も楽しめます。

 

つまり、
カジュアルな印象を与えてくれる生地なんです。

 

太い番手で織ると耐久性も高くなるため、ミリタリーウェアだけでなくバッグなどのアイテムまで幅広く使用されています。

 

 

ちなみにサテン、
つまり朱子織はなめらかですべりが良く、光沢や高級な感じを受ける織物になります。

 


なめらかさやすべりの良さであったり、光沢や高級な感じが表現されているのは、
表面に浮いている糸の部分が他の織物に比べて多いからと言えます。

 


糸を4本浮かせた生地は5枚朱子
と呼ばれ、
糸を7本浮かせた生地は8枚朱子
と呼ばれています。

5枚朱子よりも8枚朱子の方がより光沢が増すことになります。
表面に出ている糸の本数が多いからです。

バックサテンはどんな服につかわれる?


実際にどんな服に使われているか
一例をご紹介。

 

トップス

トップスで一番わかりやすいのは、
ミリタリーシャツだと思います。

ほかにもA-2 デッキジャケット
のような上着にも使われています。

 

ボトムス

ボトムスで一番わかりやすいのは
軍パンです。米軍のベイカーパンツなんかはバックサテンです。

 

厚手のバックサテンを使用したオーバーパンツなんかもありますね。

 

その他

ぱっと思いつくものだと、
米軍のランドリーバッグ
なんかにも使われる素材です。

 

 

バックサテンはどの季節に活躍する?

 

バックサテンは程よい厚みなので、季節を問わず
オールシーズン活躍する生地です。

それぞれの季節の着用方法を簡単にですが、説明していきます。

 

過ごしやすい春の気候はTシャツの上にバックサテンのミリタリーシャツを羽織ったりするくらいが
ちょうど良いと思います。

 

夏場は
「デニムはちょっと暑いなぁ」
なんて感じることが多いと思います。

そんなときは、
バックサテンの軍パンの出番です。
程よくゆとりがあるデザインは夏も快適。

 

秋も春と同じですね。
肌寒いときなんかはミリタリーシャツのボタンを閉めて、上に薄手のコートなんかを羽織ったりしてもいいですね。

 

厚手のバックサテンのアウターなんかは冬に活躍します。
もちろん、
インナーとしてミリタリーシャツ、パンツには軍パンとして、など

一般的なツイルと同じように使える便利な生地なんです。

 

 

経年変化も楽しめる

 

着込んでいくうちに、
ステッチの部分にはアタリが現れ、
ヴィンテージのような風合いになる経年変化も楽しめる生地です。

バックサテンのアイテムは、
これから長く付き合える便利な生地なので本当におすすめです。

 

ブログ村ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村