服地パイセン

服の生地について語ります

インナーダウンの性能をフルに発揮させると暖かい?

こんにちは、服地パイセンです。


本格的に寒くなってきました。

冬の寒い日はダウンを着る人が多いと思います。


ダウンは暖かいから防寒にぴったり。


最近はインナーダウンのレパートリーも増えて、着る人も増えてきたように思います。

TAIONというブランドなんかはモバイルバッテリーを利用してインナーダウン自体が発熱して暖かくなるという、目新しいものを出しています。とてもおもしろい発想ですね。


ですが、本当のインナーダウンの性能を活かす方法、知ってますか?

 

ダウンの画像

 

本当に暖かいインナーダウンの使い方


ダウン性能を発揮しようと思うと、まずは特性を知ることが大事だと思います。

ダウンの特性を理屈的に理解きてみましょう。


ダウンが暖かい理由は、

羽毛が膨らんで空気の層を作ってくれるからなんです。

 

住宅なんかもそうですが、冬の寒さを防げるのはなぜか。

それは断熱材があるから。

住宅だと断熱材としてグラスウール、ロックウール、セルソースファイバーなんかがあります。


では、服でもっとも優秀な断熱材は何か?

 

答えは空気の層です。

空気は熱同率がとても低いので、冷気をシャットアウトしてくれるのです。


つまり服の中の

「動かない空気の層」

が断熱材の役割を果たしてくれるから

暖かいという訳です。

 

ということは、

インナーダウンを使って暖かい空気の層をつくる。

外からの風を防ぐためにインナーダウンの上になにか羽織る


ということが大事なんです。

 

暖かい空気の層をつくる(中に着込み過ぎない)

ダウンは熱を感じると膨らみます。

 

着用していると体温が熱源になるので、中に着込み過ぎないことも重要。

着込みすぎるとせっかく暖かい体温がダウンまで届かなくなることがあります。

例えば厚手のスウェットの上にインナーダウンを羽織った場合、インナーダウンまで熱が届かず、あたたかくない事もあるんです。

インナーダウンの中に厚手のものを着るときはご注意ください

 

外からの風を防いで衣服の中に熱を閉じ込める

ジャケットの上にインナーダウンを着ている人をたまに見かけますが、防寒性の面では間違いです。

空気の層ができても、風で暖かい空気が冷やされてしまうと台無しに。

本当に暖かいインナーダウンの着方としてはジャケットの中に着るのが正解

インナーダウンの上に着るものも、目の洗いアウターではなく、ナイロンのような風を通さない素材の方が良いです。

 

体温をしっかりキープして、その熱を外に逃がさないようなイメージで着ると良いと思います。

 

インナーダウンの正しい着方

インナーダウンは秋から冬にかけて色々な着方ができます。

実際にどのように着ればいいのでしょうか?

 

秋はアウターとして活躍させる

ロンTやスウェットの上にインナーダウンを羽織ればカジュアルな雰囲気のままアウターとして着れます。

パーカーなんかも良いですね。


シャツやタートルネックの上にインナーダウンを着れば、少しキレイめな印象で着ることができます。


過ごしやすい秋はこんなかんじでアウターとして活躍します。

インナーダウンということを考えずに、軽いアウターとして羽織る

くらいの気持ちがいいと思います。

まだ本格的に寒くないので、難しく考えなくて大丈夫です。

 

冬はインナーとして活躍させる

さて、問題の冬です。

先程も触れましたが、インナーダウンの性能を発揮しようと思うと、

中に着込みすぎないこと。

少し勇気がいりますが、これがすごく大事です。


具体的には

ヒートテックやメリノウールのカットソーの上にインナーダウンを着て、

その上に何かを着るのがおすすめです。

Tシャツにインナーダウン、その上にナイロンの羽織りものという一見寒そうな組み合わせでも、都会の冬なら超えられるくらい暖かいです。


最近はゆったりしたスウェットなんかも流行ってるので、

個人的におすすめなのは、

Tシャツにインナーダウン、その上にスウェットなんかを着る。

これは本当に暖かい。


インナーダウンの性能をフルに発揮させると、

10万円クラスの、いわゆるプレミアムダウンみたいなものはなくても十分耐えれます。

 

インナーダウンの裏技

しぼんでいたダウンも、熱を加えると膨らむ性質があります。

ダウンを着る前に軽くドライヤーを当てて温めてあげることで羽根が膨らみます。

こうすることですぐにインナーダウンの性能を素早く発揮させることができます。


オフシーズンに空気を抜いてコンパクトに収納していたインナーダウンなんかも

すぐに膨らませることもできます。

 

ブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村