服地パイセン

服の生地について語ります

秋冬にコーデュロイが暖かい理由を簡単に説明します

こんにちは、服地パイセンです。


寒くなってくると、なんとなくコーデュロイが着たくなります。


昔からなんとなく秋冬の生地だなぁと認識していたけど、特に意味もなくただなんとなく。
秋冬になると出てきて、春物が出だすと店頭から姿を見せなくなる存在です。


そんなコーデュロイについて調べてわかったんですが、秋冬にコーデュロイを着るのはすごく理にかなったことでした。
どういうことか、説明します。

 

コーデュロイをかんたんにいうと

 

コーデュロイをかんたんにいうと、
生地の表面に畝のある生地です。

 

コーデュロイの生地




なんとなくコーデュロイについてざっくり知りたい、
という方はこの理解で大丈夫だと思います。

 

ここから先は、ウンチクの内容になりますが、知ってると「へぇ〜。」となるので最後まで読んでいただけるとありがたいです。

 

コーデュロイについて詳しく解説

 

コーデュロイコール天ともいいます。
昔はコール天という言い方が一般的だったのですが、最近はコーデュロイと呼ぶ人が増えているようですね。


ちなみに、米国ではコーズと呼ぶそうです。
どの呼び方で呼んでいても、それが何を指しているのか、知識として覚えておいて損はないはず。

 

さて、本題のコーデュロイの生地についてです。


コーデュロイは別珍のように横パイル織物のひとつです。
別珍は表面が平たいのですが、コーデュロイは毛羽が縦方向に現れるのが特徴です。


畝は細いものから太いものまで、いろいろとあるのですが一般的なものはだいたいが3mmくらいでしょうか。

畝が太いものは鬼コール
畝が細いものは細コールと呼ばれ、
どちらも厚手で丈夫な生地です。


ちなみに鬼コールの方が生地の値段が高い傾向にあります。

 

コーデュロイは暖かい秋冬素材


コーデュロイは綿をつかい、生地の表面がでこぼこになるように織り上げられている生地です。
平織りのように平ではなくでこぼこなので、着てみると肌と生地の間に空気の層ができます。
その空気の層が体温を外に逃がしにくくしてくれるので、暖かいのです。

 

それがふつうの平織りの生地よりも、コーデュロイは秋冬にむいている理由なんです。

 

コーデュロイはさまざまな表情をみせてくれる


コーデュロイは畝の太さで光沢の出方がかわるので、印象も少し変わります。

 

太畝の鬼コールの方がカジュアルな印象、
細畝の細コールの方がドレスライクな印象を受けます。


コーデュロイはそれぞれ表情が全然違うし、経年変化をたのしめる生地。
僕は生地の表情がはっきりとしている、太畝の鬼コールの方が好きです。

 

そういえば、学生の頃につかった黒板消し。あのチョークを消す部分の布地。
あの生地はコーデュロイでできてます。


コーデュロイになんとなく懐かしさを感じるのは、学生の頃を思い出すからなのかもしれません。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村