服地パイセン

生地にうるさい服屋で学んだことを活かし、洋服のわかりづらいことをわかりやすく解説します。

長持ちするおすすめのTシャツブランドを紹介!僕は10年以上着れています!

10年着れた!長持ちするTシャツ2選

服地パイセンです。10年前に買ったTシャツが、今でもお気に入りとしてクローゼットに並んでいる…そんな一枚はありますか?

僕は10年間着れているTシャツを2枚所有しています。数えきれないほどの洗濯や着用を経てもなお、その色褪せない魅力と耐久性を保っているTシャツ。数多くのTシャツを着てきましたが、そんなTシャツとの出会いは滅多になく、まるで宝物を見つけたかのように嬉しいことです。

 

この記事では僕が実際に10年以上愛用し続けることができている、長持ちする2つのTシャツを紹介し、その秘密に迫ります。長持ちするTシャツをお探しの方の参考になると嬉しいです。

 

▼ 目次 から読むのをオススメします

 

 

 

 

僕が10年着れたTシャツブランドは2つある!

僕が10年間着用できたTシャツは『グッドオンのTシャツ』と『グッドウエアのTシャツ』です。

どちらも一見シンプルなTシャツですが、とても長持ちするTシャツ。たまたまですけれども(?)どちらも名前にグッドが付きますが、本当にGOODなTシャツです。

 

前回、長持ちするTシャツを選ぶための重要なポイントについて書きましたが、Tシャツを10年間着れる人は、古着が好きな人やアメカジが好きな人になってくると思います。条件が当てはまる人には本当におすすめで、頼もしい相棒になること間違いありません。

 

【10年着れるおすすめTシャツ①】古着好きにはグッドオン

10年着ているグッドオンのピグメント染めTシャツ

こなれ感があるとか、風合いが良いなど、各方面に評価の高いグッドオンのTシャツ。約10年着てるけど、まだまだ着れます。『グッドオンのTシャツはほつれやパンクを気にせず365日、何年も着れる』とよく謳われますが、本当に長持ちで10年以上着ることができます。丈夫だし、ピグメント染めが施された生地の色が褪せてくるフェード感も素晴らしいです。

 

【グッドオンのおすすめポイント】

  • アジのあるピグメント染め
  • 長持ちする頑丈な縫製
  • 日本人に合うコンパクトな形
  • 豊富なアイテムラインナップ

 

グッドオンはアジのあるピグメント染めで唯一無二の存在

グッドオンのピグメント染めTシャツの風合い

『ピグメント染めといえばグッドオン』と言われるくらい、ブランドの名物といっても過誤ではないこの染め加工。10年前に購入したときはブラックだったボディも、洗濯を繰り返して今では褪せてダークグレーになっています。それもただのダークグレーではなく、立体的で豊かな表情をしたものです。

 

ピグメント染めは購入時から趣のあるこなれた風合いをしているのですが、それだけでなく、着用とともにムラ感のある色落ちをしてくれます。まるでヴィンテージデニムのような色落ちです。古着が好きな人には本当におすすめです。

 

ただし注意点が2つあります。

1つ目は、このフェードによるこなれ感のあるTシャツは、きれい目なファッションを目指す人には相性が悪いこと。

 

2つ目は、グッドオンのTシャツのレパートリーの中にもピグメント染めではないカラーもある事です。白と杢調グレーは製作の工程上ピグメント染めではありませんので、色落ちを楽しみたい場合は、色の選択にご注意ください。

( ▶︎ Tシャツでも経年変化を楽しめるピグメント加工は知ってますか? )

 

頑丈な縫製とUSAコットンの生地がたまりません!

グッドオンのTシャツは丈夫な縫製です

グッドオンのTシャツの生地は粗野感のあるアメリカンコットンを使用しています。そして生地の厚みもたくさん種類がありますが、メインは2種類。標準のものは5.5オンス、ヘビーオンスのものは9オンス。両方とも着ましたがどちらも良い感じです。

ちなみに僕が10年着れたこの生地は9オンスのものです。生地が厚く肌が透けないのはもちろん、体のラインを拾わないので、体型にコンプレックスがある人にはぴったりです。僕の場合は、腰が細いのが嫌なのですが、それを隠すのにはぴったりでした。ただ9オンスの生地はかなりヘビーなので、ヘビーオンスに慣れていない人はとりあえず標準の5.5オンスがいいと思います。(あいにく僕は手放してしまい、もう手元にありませんが5.5オンスでも十分丈夫です。)

 

グッドオンはアメリカのブランドだと思っている人も多いのですか、グッドオンは日本のブランドです。生地はUSAコットンを使用していますが、日本で縫っています。

 

形はコンパクトなシルエットなので、日本人にぴったり

Tシャツは厚みのある生地が長持ちする

グッドオンのTシャツは全体的にコンパクトな形をしています。

 

グッドオンのTシャツに施されるピグメント染め加工は、高温で染色加工をし、乾燥機で一気に感想させるので生地が縮みきるそう。

グッドオンのTシャツは購入時がもっとも縮んでいるので、着用とともに小さく縮んでしまい着れなくなる、ということがないのもありがたいです。

 

ブランドの商品ラインナップが豊富!見るだけで楽しくなる

グッドオンはTシャツがメインのカットソーブランドですが、これでもかというくらいのアイテムのレパートリーがある面白いブランドです。

カットソーブランドは同じ形でカラーと生地が違うだけ〜、みたいなラインナップをすることが多いのですが、グッドオンはTシャツ生地のシャツがあったり、カーディガン、ジャケット、パンツ、レディースのワンピースまで、とにかくラインナップが豊富なのでみているだけで楽しくなります。

 

ちなみにいつ聞いたのかは覚えていないのですが、グッドオンのTシャツは『リトム』というお店が一番たくさん販売しているらしいです。品揃えがとにかく豊富で、割引クーポンもよく配布してしてるので、グッドオン買うならリトムはおすすめです!

▶︎ リトム(楽天市場店)でGOOD ONをチェックする。

 

ミリタリーアイテムで有名な大人気店、WAIPER{ワイパー)もグッドオンのアイテムを多数取り扱っています。

【10年着れるおすすめTシャツ②】カジュアルな人にグッドウエア

グッドウェアの長持ちしているTシャツ

長持ちするおすすめTシャツの2つ目は、グッドウエアのもの。この白Tシャツはかれこれ12年くらい着ています。

手持ちに良いかんじのTシャツが増えてきたこともあって、最近は着用の頻度は下がってきていますが、まだまだ現役です。

 

【グッドウエアのおすすめポイント】

  • 頑丈な縫製と生地
  • いつの時代もおしゃれに着れるシルエット
  • 誰でも似合う

 

ちょうど良い生地感に頑丈な縫製で長持ちします

 10年着れるグッドウエアのTシャツの生地

グッドウエアの生地は7.2オンスのヘビーなものを採用しています。分厚いグッドオンの9オンスと比べると薄めですが、バランスの良い使いやすいヘビーオンス生地です。

 

縫製に関しても、グッドオンのTシャツと同様にかなり頑丈につくられています。Tシャツの縫製の中でも、強度の高い縫い方がされているのでとにかく丈夫です。10年着ても全くへたれることなく気続けられます。

 

普遍的でおしゃれなシルエットなのでいつの時代も一枚でカッコよく着れる!

長持ちするTシャツのグッドウエア

グッドウエアのTシャツは、 完成度が高くてかっこいい。タフでありながらも無骨すぎないので、オシャレに着れ、一枚でカッコよく着れるTシャツです。

 

その裏付けとして、ビームスなどの大手のセレクトショップではずーっと変わらずにTシャツの定番として取り扱っています。本当に間違いないアイテムです。

ジャストサイズでもダボっと着ても、どんなサイズ感で着てもかっこよくキマります。

 

(▶︎ グッドウエアのTシャツ各サイズ着比べたので、サイズ選びの参考にしてください

 

グッドウエアのTシャツは誰でも似合う!

グッドウエアのTシャツは長持ちする

グッドウエアのラインナップは、半袖Tシャツ、ロンT、パーカーくらいしかありません。先ほどのグッドオンと比べたらレパートリーは少ないのですが、どれもクオリティは間違いなしです。

僕みたいな普通体型(170cm60kg)でもカッコよく着れるので、着る人を選ばす長く着れ、定番で間違いないものが欲しいならグッドウエアのTシャツがおすすめです。

 

伸びや縮みによるサイズ変化もほとんどないので、ずっと同じようなサイズ感で着用できます。

白Tシャツなら長く支えますし、物をたくさん所有したくないミニマリストの人なんかにも、本当におすすめです。

 

 

最後に

僕が実際に10年年以上着ているTシャツをご紹介しました。

  • 古着が好きな人はグッドオン
  • カジュアルな人はグッドウエア

がぴったり。

 

強度のある生地や頑丈な縫製で長持ちしますし、値段も高くありませんので、カジュアルな服が好きな方には間違いないアイテムで本当におすすめです。

人気のカラーが売り切れる前に、一度チェックしてみてください。

 

 

いつもコメントやはてなブックマークいただきありがとうございます。とてもありがたく、何よりとても励みになります。はじめましての方も、思ったことはお気軽にコメントお願いします。