服地パイセン

服の生地について語ります

生地オタクが語る。地球に優しいGOHEMPのヘンプTシャツは夏にぴったりな天然の機能素材です。

 

GOHEMPの環境に優しいヘンプの服を着てみました。

 

こんにちは。
服の生地についてのブログを書いています、服地パイセンです。

 

「地球環境に負担の少ないエコロジー素材であること」
これが最近の服作りの前提になりつつあります。

もうすこし深掘りすると、つまりは
環境負荷の少ない天然繊維
環境負荷の少ない化学繊維
を使用するということ。

 

以前ヘンプについての記事を書きました。

 (ヘンプについて僕の知ってる限りのことをまとめました。下にリンクを貼ってますので、是非読んでみてください)

 

ヘンプはまさに「環境負荷の少ない天然繊維」で、個人的にはかなり注目していて、ずっと試したかった生地なんです。

 

そして今回、ヘンプを使ったカットソーを買ってみたので、感想なんかを思ったまま正直に書いていこうと思います。

 

 

ヘンプと文化

10年以上前に
ヘンプで作った服は、棺桶に入った人に着せる服
だと聞いたことがあります。
中国だったかインドだったか、どこの国かは忘れてしまいましたが、大昔から伝わる文化なのでしょう。

 

なぜそうするのかなど深いことは何も考えず「なんとなく特別な繊維なんだな」くらいに思っていました。

 

日本でも様々な文化や風習があり、科学的根拠のないものや、まゆつばなものがたくさんあります。

 

死人に着せるヘンプの服の話もそうなのかなぁ、と思っていましたが、どうやらそうではなさそうです。

 

ヘンプは抗菌作用や放湿性の高い生地なので、腐敗を防ぐ効果があるので理にかなった風習だったんだなと今改めて思います。

 

ヘンプTシャツは何がいいのか

さて、本題です。

 

ヘンプは夏に活躍する素材というイメージがあります。


ヘンプ抗菌防臭吸水速乾UVカットなど様々な機能があり、汗の臭いや紫外線が気になる夏場にぴったりなんです。

 

 

天然の抗菌作用と消臭性

地球環境に優しい素材のヘンプ

 

ヘンプ繊維には「天然の抗菌・制菌作用」があり、菌の増殖を抑制してくれる特徴があります。

 

夏に気になる汗の匂い。

汗が臭う原因は、この細菌が関係しています。

 

というのも、もともとの汗にはニオイの物質は含まれていないそうです。

汗がアカや皮脂と混じり、それを細菌が分解することで、ニオイ物質が発生して臭くなるというメカニズム。

 

つまり菌の繁殖を抑えることは、ニオイを抑えるということなんです。

吸水・速乾

ヘンプの構造

ヘンプ繊維は細かい穴が無数にある多孔構造になっています。

この構造が、水分をすばやく吸い上げて、外に蒸散してくれます。

 

吸水速乾性に優れているので洗濯してもすぐに乾く上に、繊維が丈夫なので繰り返し洗っても型崩れしにくいと言われています。

 

UVカット


繊維自体が紫外線に強いヘンプ

ヘンプの紫外線遮断率は92%以上と、UVカット加工を施さなくても、ヘンプ生地で作られた服を着ていれば、肌を紫外線から守ってくれるんです。

 

今回選んだGOHEMP(ゴーヘンプ)のフットボールTシャツ

ゴーヘンプのフットボールTシャツ


ヘンプのTシャツは探せばいくらか見つかる中、なぜこのTシャツにしたのか。

今回の決め手は生地でした。
ヘンプ55%、オーガニックコットン45%の環境に優しい生地。

 

化学肥料を必要とせず成長するヘンプは、未来の可能性を秘めたスーパープランツといえます。

 

一方、オーガニックコットンの方は摘み取るまでに手間のかかる栽培の難しい植物です。化学肥料や枯葉剤を使用せずに育てる分、雑草を抜いたり害虫を駆除したり収穫まで自然との戦いです。丁寧に育てられた綿花。

それは、肌や環境に優しい素材になります。


ヘンプオーガニックコットン。この二つの素材によって紡がれた生地は肌にも地球にも優しい素材。

 

環境破壊をせずに衣服を楽しむことができるのです。

 

GOHEMP(ゴーヘンプ)の生地のこだわり

 

「人や地球に優しい服づくり」をコンセプトに1994年よりHEMP(大麻)の繊維を様々な素材と混紡しHEMPの着心地の良さや可能性を追求しているヘンプウェアブランドです。

 

次の世代と地球に少しでも美しい環境を残せたら、というのがGOHEMPの望みです。

 

手触り、肌触り

 

ヘンプの生地感


麻は硬い印象があると思いますが、ヘンプは案外柔らかい

辞典をめくるときに指先に感じるような、どこかしっとりとした感触があります。

 

僕はかなり肌が弱く、チクチクする生地は苦手なのですが、問題なく着れました。

かゆくはないとはいえ、着心地はコットン100%のTシャツには劣ります。

 

透け感

Tシャツを選ぶ上で忘れがちなこと。

透けてしまうものもあるということ。

 

今回は夏場に一枚で着るTシャツを探していたので、透けないのが条件です。

 

一枚で着ると、生成りっぽいナチュラルは透けたのでゴールドというにしました。

夏場に一枚で着るには、色物が良さそうです。

 

サイズ感

170cm、60kgの僕はジャストサイズがMなのですが、フットボールTはルーズに着たかったのでXLにしてみました。

GOHEMPのフットボールTシャツのサイズ感


パンツは50sのオシュコシュのペインター。
サイズ感がわかりづらいですが、上下共にかなりだらっと着ています。

 

トレンド的にもちょっと大きめが良いのかなぁと思います。

 

最後に

ヘンプを使用した服は近年人気です。

ファッションの流れがナチュラル志向だからそれにマッチしただけという見方や、新しいもの好きの若者が飛びついただけとの意見もありますが、一過性の流行や浮ついた現象とは一線を画す、購買心理の変化が読み取れるような気がします。

 

ある一定の人の間には「物を買う行為が地球環境、ひいては自分たちの未来を左右する」という意識が確実に芽生えはじめています。

 

「伝統」「品質」「機能」といったブランドの価値を伝える要素に、これからは「エコロジー」を加えなければならないのでしょう。

 

オーガニック、サステナブルフェアトレードエコロジーなど、少し前まで「意識高い系」と小バカにしたような表現はもう古いのかもしれません。

 

GOHEMPのヘンプTシャツ、満足のいくアイテムでした。これからの時期におすすめできる逸品です。

 

まだ夏は先ですが、他にも色々チェックしてみようとおもいます。

 



 僕がヘンプについて知ってる限りのことをまとめた記事です。

www.fukujipaisen.com

 

 

 オーガニックコットンの何がすごいのか、綿花栽培の裏側などをまとめた記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

www.fukujipaisen.com

 

 

 

 

 

感想などをコメントいただけるのが、何よりとても嬉しいです。

はじめましての方も、思ったことはお気軽にお書きください。

 

 

服の生地についての記事を書いているんで、よろしければ読者登録お願いします。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、バナーをクリックしていだけると励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村