服地パイセン

服の生地について語ります

たったこれだけで?もう白Tシャツが透けない。

白Tが透けないのは何オンスだった

 

こんにちは。
服の生地についてのブログを書いています、服地パイセンです。

 

 

これからのシーズンに欠かせないTシャツ。

そしてTシャツと聞いて真っ先に思い浮かぶのは白いTシャツ、
いわゆる「白T」ではないでしょうか。

 

ほとんどの人が一枚はもっているはず。

真夏に白いTシャツを着ると、見た目にも爽やかで季節感があっていいですよね。

 

白Tシャツのイラスト

 

ところが、そんな白Tにも問題があります。

爽やかでカッコいいんですが、透けてしまうということ。

 

Tシャツが透けてしまった経験ってあるんじゃないでしょうか。

 

ネットショッピングで買ったTシャツが、届いたら思ったより生地が薄くて透けてしまうとか。

 

なぜ透けるのか、どうすれば透けないのか、生地の厚みで透け感を比べてみたりしました。

 

 

 

 

白いTシャツが透ける原因

 

まずはなぜ透けてしまうのか。
理由をまとめました。

 

透けるのには必ず理由があるので、白Tだから必ず透けてしまう、というわけではありません。

 

上と中の色に差があると透ける

上に着ているものより中の色が濃いと透けてしまいます。

これは光が服の下に届き、中の色を映し出してしまうためです。

 

白いTシャツの場合は透けて、黒いTシャツの場合は透けないのはそういう理由なんですね。

 

感覚的にはわかってるけど、具体的な理由はそうなんです。

 

生地が薄いと透けてしまう

色の差の問題とほぼ同じなのですが、生地が薄いために中の色を映し出してしまいます。

ということは逆に、厚い生地の方が中の色を隠してくれるということです。

ぶ厚いものほど透けにくいイメージありますよね。

白Tも例に違わずその通りなんです。

 

タイトなTシャツは透けやすい

タイトなTシャツは生地と肌の距離が近くなり、肌の色が透けやすくなります。

 

透けるだけでなく、からだの表面の凹凸も反映してしまうので、ちょっと恥ずかしいですね。

 

 

白Tシャツが透けないコツ

透けやすい白いTシャツですが、透けさせない方法はいくつかあります。

 

インナーを着ると白Tシャツは透けない

白いTシャツは透けてしまうので、中にタンクトップやエアリズムなどのインナーを着る人が多いと思います。

一枚着るだけで透けなくなります。

ですが、僕もそうですが中にインナーを着ない派の人はどうすればいいのでしょうか。

 

 

サイズを上げると白Tシャツでも透けにくい

ぴったりとしたタイトなTシャツは透けやすいと書きました。

ならば、肌とTシャツの距離を空けるようにするのは有効です。

同じ生地のMサイズとLサイズであれば、Lサイズの方が透けにくいと言えます。

 

ゆったりしたサイズ感がトレンドなので、いつもよりサイズアップして着てみるのも良いでしょう。

流行りには乗っかってみると新たな発見があったりと、おもしろいもんです。

 

6オンス以上の白Tシャツを着る

透けにくい生地の厚さは6オンス以上と言われています。

 

「ヘビーオンス」と呼ばれるのもだいたい6オンスくらいからですね。

生地が厚い分、白でも透けにくいです。

 

生地の厚さで白ティーの透け感を比べてみました

 

6オンス以上の生地が透けにくいと言われていますが、本当なのか試してみました。

 

茶色と黒のボタンを用意し、Tシャツの生地にはさんでみます。

ボタンはこんな感じのものです。

茶色と黒のボタン

 

ちょっと濃いめの乳首をイメージして選んでみました。

 

今回比較してみたのは、GOOD ONの5.5オンスのTシャツと、GOOD WEARの7.2オンスのTシャツです。

どちらも米綿を使用した粗野感のあるTシャツです。

 

それではみていきましょう。

 

グッドオンの5.5オンスのTシャツは透けにくいものの…

使ったのはGOOD ONのベーシッククルーネックTシャツです。

「COTTON U.S.A.」の生地を使った5.5オンスのオーソドックスなもの。

 

先程のボタンを袖口に入れてみました。

 

5.5オンスのTシャツの透け感

 

少し透けていますね。

 

決して薄い生地ではなく、どちらかというと透けにくい生地なのですが、やはり白いTシャツは透けてしまいますね。

 

これだとインナーを着るか、サイズを上げないといけないですね。

 

グッドウェアの7.2オンスのヘビーなTシャツは透けない

 

7.2オンスはのTシャツは、ヘビーウェイトに分類されます。

先程のものよりもハリとコシがあるガシッとした生地感です。

 

さっきと同じ条件で試してみます。

ヘビーオンスTシャツは透けない

 

おや、全然透けてません。

なんとなくそこに何かあるように見えるのは、ボタンの色というより、厚みがあることで陰影ができているせいです。

 

たしかに6オンスくらいが透けるか透けないかの境界線になっているようです。

 

これなら白T一枚で着れそうです。

 

最後に

白Tシャツを透けさせないためには

インナーを着るか、
サイズを上げる

一枚で着る派の人は、
6オンス以上のものがおすすめです。

 

これで夏の白Tも怖くありません。

 

透けなかったグッドウェアの7.2オンスのヘビーTシャツはこちら(↓)のものです。

 

 

 

 

Tシャツの縫製についてまとめた記事もあるので、あわせて読んでみてください。

www.fukujipaisen.com

 

 

 

 

感想などをコメントいただけるのが、何よりとても嬉しいです。

はじめましての方も、思ったことはお気軽に書いていただけるとありがたいです。

 

 

主に服の生地についてブログを書いているので、よろしければ読者登録お願いします。

 

 ↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、バナーをクリックしていだけると励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村